ウエディングプランナーの責任

人生で一番の晴れ姿

男性女性、特に女性にとって大きなイベントでもある結婚。この結婚式や披露宴の準備や計画を新郎新婦と一緒に考えプランを作るのがウエディングプランナーの仕事です。

 

ウエディングプランナーの仕事は結婚式を控えたカップルが結婚式場や、挙式会場となる式場に所属するウエディングプランナー、または外部のプランナーがカップルの希望に沿った挙式を一緒につくり上げていくことです。
その性質上、男性のプランナーよりも女性のプランナーが活躍していることが多いですが、男性のプランナーがいないわけではありません。
男性のプランナーも実はいて、実際に相談するときに男性のプランナーを希望するカップルもおり、その需要は高いのです。

 

プランナー、コーディネイターと呼ばれる式場や結婚式までにしなくてはならない招待客の名簿つくりや、披露宴での料理、結婚式までのすべての工程を相談することができます。
カップルの中には様々な希望をもった方々おり、その希望をなんとか実現するために、彼・彼女達は努力するのです。

 

また結婚式当日になれば、式場などで裏方に入り、影から式の進行を助け、より良い結婚式にするために働くのです。

ウェディングプランナーの魅力とは

ウェデングプランナーの魅力とは、やっぱり新しく夫婦になる新郎新婦の晴れの場を最高の物にして、一生の思い出にすることです。新郎新婦と結婚式に参列したゲストが最高の結婚式だっと感じることがやりがいといってもいいでしょう。

 

そんなウェディングプランナーの仕事に憧れを持つ人も多いはず。ですが、ウェデングプランナーの仕事も魅力ばかりではありません。

 

当たりまえのことかもしれませんが、どんな仕事にも辛いことはあります。
ウェディングプランナーの場合、辛いのは新郎新婦や結婚式に参列したゲスト、自分が立てたウェディングプランに満足していただけなかった時です。

 

結婚式では新郎新婦の意見が大きく影響します。新郎新婦が結婚式で「これをしたい」といえば、それを実現するために何が必要で、何をしなくてはならないのかを考える必要があります。
当然、結婚式の内容について話し合いをして結婚式当日に向けて準備を進めていくわけですが、準備期間中に、新郎新婦からプランの変更があったり、実現が不可能な演出などがあった場合、修正案を提案することになります。

 

ウェディングプランナーの仕事は新郎新婦とのコミュニケーションがもっとも重要になります。
新郎新婦がどんな結婚式をのぞんでいるのか、しっかり聞き込みをして、2人の理想を聞き出すことで、より理想に近い結婚式のプランを一緒に作り上げていきます。

ウェデングプランナーも体力仕事

華やかなイメージのあるウェディングプランナーですが、ウェディングプランナーは体力が必要な仕事でもあります。
披露宴会場の準備では重たい荷物を持ち込む必要があったり、結婚式では式場と披露宴が離れていたりして、準備のために移動を何度もしなくてはならなかったりと、体力が必要になります。

 

ウェディングプランナーがどんな仕事をしているのかを正確に理解し、これから結婚するカップルの手伝いをすること、一緒に結婚式を作り上げることが出来るというやりがいを持つことが出来る人がウェディングプランナーに向いていると思います。